宝石のアレなぜ?コレなに?「”コランダム家”てなに?」(R2.12/5UP R2.12/14修正)

コランダム家

ルビーとサファイア

「コランダム家」の中で有名な子といえば「ルビー」「サファイア」でしょう。赤い宝石といえば「ルビー」、青い宝石といえば「サファイア」と多くの人が連想するくらいよく知られている子たちですが、対極の色を持つこの2人が実は同じ「コランダム」という家の出身なのをご存知でしたか?

実は「コランダム家」では純粋な状態のままなら無色の子が生まれるはずなのですが、これが不純物によって色が着けられた結果としてさまざまな色の子が生まれます。このように、不純物によって色が現れる鉱物を「他色鉱物」と言います。

他色鉱物の例
コランダム家
ルビー、サファイア
ベリル家
エメラルド、アクアマリン
クリソベリル家
アレキサンドライト、クリソベリル
石英(クオーツ)家
アメシスト、シトリン
「コランダム家」家系図

さて、そんな「コランダム家」を簡単に整理してみましょう。

まず、不純物によって赤色になった子のみを「ルビー」、赤以外の色になった子を一括して「サファイア」と呼びます。一般的に、赤以外の色の場合はその色の名前を「サファイア」の前に付けて呼びます。例えば、ピンク色の子なら「ピンク・サファイア」と呼びます。

「サファイア」というのは赤以外の色の子の総称なわけですから、「青い宝石=サファイア」と定着していますが、正確には赤以外の青色の子なので「ブルー・サファイア」と呼びます。

ファンシー・サファイア

「ルビー(赤)」「ブルー・サファイア(青)」以外の色の子を俗に「ファンシー・サファイア」と総称します。そんな「ファンシー・サファイア」の中でもとりわけ有名な子たちを一部ご紹介します。

パパラチャ・サファイア

パパラチャ・サファイア

ピンク色とオレンジ色が混ざりあったかのような色合いの子

サンセット・サファイア(オレンジ・サファイア)

サンセット・サファイア

深紅色とオレンジ色が混ざりあったかのような色合いの子

チャンタブリ・サファイア(イエロー・サファイア)

チャンタブリ・サファイア

黄色とオレンジ色が混ざりあったかのような色合いの子

ホワイト・サファイア

ホワイト・サファイア

「ダイアモンド」の代わりとして人気な子

カラーチェンジ・サファイア

カラーチェンジ・サファイア

「カラーチェンジ(変色)効果」を持つ子